ロボットカフェ「変なカフェ」が渋谷に!メニューや場所、人間への影響は?

世界初となる、ロボットがコーヒーを入れてくれるカフェ「変なカフェ」が、明後日2018年2月1日に渋谷にオープンします。場所はどこなのでしょうか。また、気になるメニューやお値段は?調べてみました。

 

ちなみに、新宿歌舞伎町で人気の「ロボットレストラン」とは全く異なります。是非チェックしてみてくださいね。


スポンサードリンク

「変なホテル」ってご存知ですか?

その前に、「変なホテル」ってご存知ですか?長崎の人気テーマパーク、ハウステンボスに隣接するホテルです。ここは、受付で恐竜やアンドロイドが迎えてくれるんですよ。

 

Daisuke Sさん(@dsk_s13)がシェアした投稿

他にも、ロボットアームが荷物を預かって部屋まで運んでくれたり、ロボットが空調を管理してくれたり。人間の気配が極力消された、ロボット色が強いホテルなんです。

今回のカフェもロボットが商品を提供してくれるとのこと。この「変なホテル」と関係があることは間違いなさそうですね!

 

「変なカフェ」の概要

 

「変なカフェ」の詳細情報

H.I.S.渋谷本店に登場するようです^^

【変なカフェ】
住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3  渋谷モディB1F (H.I.S.渋谷本店隣接)
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
※定休日1月1日・メンテナンスによる臨時休業あり

渋谷モディは、旧渋谷マルイシティ。ハチ公口側の大通り沿いなのでわかりやすいと思います。そして、定休日が1/1とのことなので、期間限定ではなく、常設のカフェのようですね!地方の方も、東京に来る機会には是非チェックしてみてください。

 

「人間よりうまく入れます」ロボットがコーヒーを提供してくれる!

仕事をしているロボットは、2人…でなく、2台のようです。

使用ロボットは、米国Rethink Robotics社が開発・生産する、単腕型・高性能協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」と、同時に複数杯のドリップコーヒーを淹れられるバリスタマシンの「Poursteady(ポアステディ)」の2台です。

引用:産経ニュース

TVで見ましたが、見た目は金属質で、ザ・ロボットという感じでしたが、人間のようにスムーズにしゃべっていてかなりチャーミングでした^^「コーヒーを人間よりうまく入れます」と主張したりもするそう…。笑

確かに、ロボットならミスもないし、疲れないですしね。

コーヒー豆をひいて、ドリップし、コーヒーを提供するところまで、最短の工程を考えて自分で動くとのこと。


スポンサードリンク

 

「変なカフェ」のメニューは?

【メニュー】(※全て税込み価格・サイズはMサイズ)
・本格ドリップコーヒー 320円・アメリカーノ 290円・カフェラテ 380円・カプチーノ 380円
・ココア 380円・カフェモカ 410円・抹茶ラテ 410円

引用:産経ニュース

メニューは意外と普通ですね。ロボットスペシャル的なのがあるかと思いましたが。笑

豆はこだわっているようなので、実際に飲みに行った後にでもご紹介したいと思います^^

 

ロボットが飲食店で働くメリット

人件費を2-3割安くできる

なんと、人件費を2-3割も抑えられるそうです。飲食店は薄利多売にもかかわらず、どうしても原価が高くつきますから、人件費を削減できるのは経営者にとってかなりメリットですよね。

 

人員不足でも店舗が運営できる

労働人口は年々減っていますが、ロボットがいれば、人が少なくとも店舗運営できます。アルバイトが採用できないという理由で店をたたんでしまう飲食店には救いですね。導入するコストに関してはまた別問題かもしれませんが…。

 

疲れない、ミスしない、トラブルを引き起こしにくい

前述の通り、ロボットなので、疲労もせず、ミスもせず、ずっと高いパフォーマンスを発揮できますね^^また、風邪をひいたりインフルエンザにかかったりもしないです。当たり前ですが。笑

ミスもしないのでお客様を怒らせるようなことも、無いんじゃないでしょうか。

 

 

しかし、個人的には、接客業って、最も人間らしいところだと思っていたのですが、カフェ店員もロボットにとって代わられてしまうんですね…。人間にしかできない仕事を身につけないと、私の仕事(事務員)も、ロボットに取って代わられてしまいそうです。

2月中に是非カフェに遊びに行ってみたいと思います!またレポートしますね^^

 

 

こんなのもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です