ホンコンフラワーって何?李嘉誠(りかせい)の総資産は?

ホンコンフラワー(香港フラワー)で一大資産を築いた、アジアを代表する大富豪である、李嘉誠(りかせい)氏が引退を発表しました。

病気ではなく、ご本人は

「12歳から働き始め、すでに78年になる」

と、高齢を理由に挙げたそうです。

息子さんに社長業はバトンタッチするそう。

 

私は無知なもので、トップニュースになったこの話題ですが、

ホンコンフラワーも、

李嘉誠(りかせい)氏も知らず・・・

 

ホンコンフラワーって何?

李嘉誠(りかせい)氏はホンコンフラワーで稼いだということなのですが、どのくらい稼いだのか?

気になったので調べてみました^^


スポンサーリンク

ホンコンフラワーって何?

ホンコンフラワーとは、いわゆる造花のことのようです。

1949年に李嘉誠(りかせい)氏がプラスチック工場を建設し、造花を売り出したところ、これが事業として大当たり。

この造花が「ホンコンフラワー」です。

ホンコンフラワー(香港フラワー)の特徴

当時、造花は紙製が主流だったので、造花がプラスチック製だったことが特徴であり、革命的だったようです。

  • 水洗い可能
  • 安い
  • 大量生産できる

といったメリットもあったそう。

確かに、紙だと一つ一つ手作りをしなければいけないですが、プラスチックは型取りで機械的に大量生産が可能ですね。

ホンコンフラワーはとても革命的だったので、「世紀の造花」というキャッチフレーズで瞬く間に人気になったそうです。


スポンサーリンク

李嘉誠(りかせい)氏の総資産は?

ゲスい話で恐縮ですが、やはり興味があります。

そもそも、造花事業で、そんなに儲かるのか・・・?と調べてびっくり。

Forbes発表の世界長者番付の順位は?

Forbesが毎年発表している長者番付によると、

李嘉誠(りかせい)氏の2018年の順位は・・・

出典:https://www.forbes.com/profile/li-ka-shing/?list=billionaires

・・・23位!!!

いや、すごすぎますね(笑)

ずばり総資産は?

えー先ほどの資料によると、

35ビリオン$

・・・ビリオンは10億なので

350億ドル・・・

1ドル106円として・・・

3兆7100億円でございます^^

・・・数が大きくなりすぎると、全く良くわからなくなりますね。笑

なぜ李嘉誠(りかせい)氏はそんなに資産を築くことができたのか?

もちろん、ホンコンフラワーだけで稼いだわけではありません。笑

造花の製造で得た資金をもとに、不動産業に進出し、中国でも投資を行うとともに、

香港でエネルギーや通信など最先端の分野にも投資を行うことで、どんどん事業を拡大してきたそうです。

 

とにかく、経営のためのリサーチが半端なく、

5年10年後のことを常に計算し続けているような方だとか。

(時計を30分すすめ、30分前行動も徹底していたとか・・・)

 

一代で莫大な富を気づいた方ですが、

息子さんはどんな経営をされるのでしょうね^^

また、新たな歴史が始まるのが楽しみですね。


スポンサーリンク


 

こんなのもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です