国民栄誉賞の過去の受賞者は?吉田沙保里、松井秀喜、森光子など徹底解説!

祝!国民栄誉賞!

将棋の羽生善治氏(47)と、囲碁の井山裕太氏(28)=本因坊文裕(もんゆう)両氏が、

国民栄誉賞を受賞しました!

2人が同時に受賞するのは珍しいことのようですね。

囲碁界・将棋界ともに、初めての受賞だそうです。おめでたいですね^^

 

本記事では、気になる過去の受賞者をご紹介します。


スポンサードリンク

受賞第一号は、王貞治選手

ずばり受賞第一号は、王貞治選手です。

国民栄誉賞は、1977年(昭和52年)、当時の内閣総理大臣・福田赳夫が、内閣総理大臣賞として創設したのですが、それも「本塁打世界記録を達成した王貞治を称えるために」創設したんだとか。

賞ありきではなく、成績ありきで賞ができたんですね。

それだけ圧倒的な業績ということですね。

角界初受賞は、千代の富士

角界初受賞は、元 千代の富士(現 九重親方)です。

1989年9月29日、通算勝ち星最高記録更新と、相撲界への著しい貢献を記念して授与されました。

千代の富士は日本出身の力士なんですね。

北海道の松前郡福島町出身だそうです。

最近は外国人力士が多いですよね。

女優初受賞は、森光子さん

女優初受賞は、2009年7月1日に森光子さんが受賞しました。

この時89歳!

存命中の受賞では史上最高齢だそうです^^

(逆に亡くなった後の受賞ということもあるんですね~)

長期にわたって演劇界の第一線で活躍したことに関しての受賞とのこと。

「放浪記」ででんぐりがえしをする姿をテレビで見たことがある方も多いのでは。

「放浪記」では、2000回以上も主演を務めたんだとか!

絶対に休めない主演のプレッシャーの中2000回も演じるなんて想像できないですし、

90近くなってでんぐり返しは凄すぎます。

 

ちなみに、その後2015年に仲間由紀恵さんが同じ役をやられたようなんですが、

その後公演は行われていないようですね。

周囲からの、森光子さんとの比較や、

森光子さんですでに定着してしまっている状況の役作りに悩んだという声も聞きましたが、どうなのでしょうか?

仲間由紀恵さんは、最近妊娠も発表されましたし、

もう「放浪記」をやることはないかもしれないですね。


スポンサードリンク

師弟ダブル受賞!長嶋茂雄監督と松井秀喜選手

2013年5月5日には、長嶋監督とゴジラ松井選手がW受賞しました。

一度に同時に2人が受賞するのは、この時が初めてだったようですね。

受賞日を2013年5月5日に選んだ理由ですが、

  • 長嶋監督の「背番号3・プロ生活から55年」
  • 松井選手の「背番号55」

とのことです。

師弟として関わりの深い2人両方とも、ばっちり縁がある数字の日に受賞したのですね♪

女性スポーツ選手初受賞は、吉田沙保里選手!

2012年11月7日、吉田沙保里選手が受賞しました。

個人の女性スポーツ選手としては受賞初です。

(2011にワールドカップ日本女子代表はチームで受賞)

世界大会13連覇という前人未到の偉業を成し遂げたという理由での受賞でした。

バリバリ現役生活中での受賞、素晴らしいですね♪

 

今回は、過去の国民栄誉賞受賞者をご紹介しました。

改めて、羽生・井山両氏、おめでとうございます~!

正式な受賞は、2017年年内に発表されるようです。


スポンサードリンク


こんなのもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です