森友学園・籠池理事長の現在は車椅子!長期拘留の理由がやばい!

2017年、昨年7月に森友学園事件によって逮捕された、

籠池前理事長の現在の様子はどうなのでしょうか?

拘置所で体調が悪く車いす生活だとか?

 

また、悲惨な勾留生活がかなり長く続いているようですが、

その真相がやばいです・・・


スポンサードリンク

籠池前理事長の現在は?

 

昨年7月末の逮捕からもう200日が経っているにもかかわらず、

まだ大阪の拘置所に拘留されていて、

家族との面会も認められていないようです。

 

起訴後にもかかわらず、

家族との面会もできない厳戒態勢が200日というのは

正直かなり異常だと思います・・・

 

長期拘留の理由は?

起訴後にも関わらず、勾留がいまだ続いているのは、

「証拠隠滅」を安倍総理や検察側が恐れているからのようです!

 

裁判前の被告段階では、

拘置所に私物の持ち込みができるのが普通です。

 

でも、籠池氏の場合、

・私物禁止

・面会禁止

・保釈請求却下

というかなり厳戒態勢。

 

ちなみに、勾留されているのはもちろん独居房。

そのなかでも一番はじで、隣には誰も収容しないという

厳戒態勢が敷かれています。

 

籠池氏の長男の籠池佳茂氏が語ったのは

「高齢の両親が長期間拘留されていて体調が心配」

「こんなことが民主主義国家の日本で起こるとは」

「司法制度のおかしさを知ってほしい」

と語っているようです。

 

Twitterでも投稿されていますね。


諄子夫人も、女性用の棟に拘留されており、

籠池氏は65歳、奥様は61歳です。


スポンサードリンク

籠池氏が車いす生活の真相は?

 

昨年11月ごろ、痛風になってしまい

1か月間車いす生活だったようです。

 

拘置所で痛風にどうやってなるの!?!?

と思ったのですが、

 

拘置所の食事以外にも、

支援者から差し入れで届いた果物や甘栗、

せんべいなどを大量に食べていたのと、

 

狭い独居房で運動が全くできないため、

みるみる太って痛風になってしまったとか。

 

刑務所は、仕事を振られますが、

拘置所は、罪が確定するまでの間「ただいる場所」で、

やることが無さ過ぎて、めちゃめちゃめちゃめちゃ暇だそうです。

暇なのも苦痛ですよね。

 

そりゃあ、運動できないストレス→何もすることがない→食べるしかない

になりますよね・・・

 

ちなみに、食事制限と薬で痛風を 直すまで、

1か月ほど車いす生活だったようです。

 

Twitterの声は?


そういえば、家も競売にかけられると決まりましたね。


やったことは良くないことだと思いますが、

籠池氏に対して行われていることも異常ですね。

 

今後どのように展開していくのか気になりますので、

見守りたいと思います!


スポンサードリンク

こんなのもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です