【首都直下地震】危険地域ランキング/ハザードマップ!貴方の街は?


東京都民にはとても気になるニュースが入ってきました。

 

約5年ぶりに発表された「都地震評価」で、東京都の東部の広い地域で

「危険度ランク」が最高レベルの5になることが判りました。

 

具体的にどこなのか?調べてみました。

【関連記事】南海トラフと台湾地震の関係は密接!津波発生の可能性は?

 


スポンサードリンク

ずばり、危険度ランク最高の地域は?

都が発表したハザードマップはこちら!

出典:https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-bosai20180215j-05-w510

東部に、危険なエリアが集中していますね。

あとは、中野区、大田区にも数地域あります。

 

足立区・荒川区・墨田区・江戸川区で多い

 

足立区・荒川区・墨田区・江戸川区など、東部で多く見られました。

理由として

 

・下町が多く、古い木造住宅が密集している

→荒川・隅田川沿いに多い傾向のようです。

 

・地盤が弱い

等が挙げられます。

また、道幅が狭い、袋小路になっている場所がある等、避難や救助に必要な道路の整備状況も踏まえ、危険度は産出されています。

こちらは墨田3丁目周辺です。

古い木造住宅が密集しており、危険度が高いエリアになります。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/31392/3/


スポンサードリンク

足立区・荒川区・墨田区の全域では無い

 

「総合危険度」は、都内を5177地域に分けて算出しており、

その中で「ランク5」に入ったのは85地域です。

 

「ランク5」の85地域のうち、7割以上の65地域が、

足立区・荒川区・墨田区・江戸川区など、東京都東部にあります。

つまり、上記に上げた区の全域というわけではありません。

あなたのお住まいの地域はどうでしたか?

 

津波は考慮されていない・・・?危険度の算出基準は?

一つ気になったのですが、海沿いの地域は

全くもって危険エリアに入っていないんですよね。

震源によっては、沿岸部の津波は起こる可能性は十分にあると思いますが、

大丈夫なの?と、気になったので、

この調査結果の算出方法を調べてみました。

 

算出基準はずばり!

特定の震源を想定せず、震度6強などの強い地震が起きたと仮定。町丁目単位の5177地域ごとに、地盤の特性や建物の構造、密集度などを調べ、倒壊や火災による被害の大きさを算出した。

引用:https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-bosai20180215j-05-w510

 

つまり、東京都の各地域で、同じ震度の大地震が起こった時に、

地盤・建物から危険度を算出してるんですね。

 

・・・やっぱり津波含まれていないじゃん!(管理人心の声)

 

というわけで、自分の住んでいる地域の評価が良いからと安心せずに、

震源によって自分の地域の被害はどのように予想されるのか?

お一人お一人が調べてみたほうが良いと思います。

備えあれば、憂いなし!

 


スポンサードリンク

【関連記事】南海トラフと台湾地震の関係は密接!津波発生の可能性は?

こんなのもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です