えのき氷ミキサーなしの作り方|刻むだけじゃ効果なしって知ってた?

えのきでえのき氷を作る

スポンサードリンク

えのき氷ミキサーなしの作り方|刻むだけじゃ効果なしです!

ということでご紹介しますね。

 

 

「えのき氷」は内臓脂肪を燃焼させてダイエット効果が期待できる優れた食材です。

しかも食物繊維が豊富なので便秘の解消も♪

安く簡単に作れますし、テレビなどのメディアでも紹介されて今とっても話題ですよね。

 

無理な食事制限や運動をしなくても、普段の料理や飲み物にポンポン入れるだけで内臓脂肪燃焼やダイエット・便秘改善が期待できるのが嬉しいですし、簡単に続けられるので「10kg痩せた」なんて口コミもあります。

 

「じゃあ早速えのき氷を作ろう!」と思って作り方を調べたら

パワフルかーちゃんあみ
…あれ、ミキサーがいる!!ミキサーなんて持ってないよ・・・

ってなりますよね~><

 

そこで今回は、ミキサーなしでえのき氷を簡単に作ることができる方法をご紹介しますね。

ちなみに、包丁で刻むだけではえのき氷の効果が十分に出ないので注意してくださいね。

 

この記事でわかること
  • えのき氷をミキサーなしで作る方法
  • えのき氷の作り方レシピ
  • 「えのき」ではなく「えのき氷」が健康に良い理由

 

【関連記事】えのき氷の詳しい作り方や効果を知りたいあなたはこちらをご覧ください^^

⇒えのき氷の効果は内臓脂肪燃焼・ダイエット!作り方と食べ方は?【完全版】


スポンサードリンク


えのき氷はなぜミキサーで刻む必要がある?

そもそもえのき氷を作るときにミキサーでえのきを刻む理由は「えのきの細胞壁を壊して有効成分をしみ出させるため」なんです。

 

ミキサーがなければ、まず手を使って、包丁で刻めばいいんじゃないと思いますよね。

でも包丁で刻むだけではNGなんです><

 

包丁で手で刻むのは、ごくごく僅かな細胞壁しか壊すことができないので、十分に有効成分が外に出てこないためです。

ではミキサー無しでえのき氷を作るのは一体どうしたらよいんだろう?ということでご紹介しますね。

えのき氷ミキサーなしの作り方

えのき氷ミキサーなしの作り方①すり鉢でする

えのきをすりばちですりつぶせば、ミキサー並みに細胞壁を壊すことができます^^

ちょっと手が疲れますけれど、 おうちにすり鉢があるあなたは是非行ってみてください。

包丁でえのきをみじん切りにしてからすり鉢ですり潰すと早くできますよ。

 

ちなみにすり鉢は100均にも売っていますが、100均のすり鉢ってサイズが小さいんですよね。ごまをちょっとすりつぶしたり、離乳食を作るのにはいいんですけれど、えのき氷を作るにはえのきを2パック使うので、100均のすり鉢で挑むのはちょっときついかも(笑)

楽天に直径25 CM ほどのすり鉢がアウトレット品で売っていたので、「すり鉢欲しかったんだよね~」というアナタはこの機会に買ってもいいかもしれませんね。

 

えのき氷ミキサーなしの作り方②フードプロセッサー(ブレンダー)ですりつぶす

お家にフードプロセッサーやブレンダーがあれば、えのきをすり潰すのに使えます。

 

我が家にはミキサーはないので、出産祝いにもらったブルーノのブレンダーを使っていますよ。「チョッパー」が、材料を細かくすり潰せるのでぴったりです。

 

ちなみにブルーノのブレンダーはすごくおしゃれで、実用的です。最初は離乳食作りに使っていたんですが、みじん切りはもちろん、ポタージュスープやトマトソース、ミートソース、スムージーなど気軽に使えるので料理の幅が広がりました^^

こちらの記事で詳しくレビューしています^^

⇒ブルーノブレンダーの口コミ!離乳食やみじん切りに実際に使ってみた!

えのき氷ミキサーなしの作り方③エノキ粉末を買う

なんと楽天で「えのき粉末」が売っていました!

その名も「簡単えのき&ファイバー」

 

粉末を直接料理に入れて使えるので、もはやえのき氷の作り方ではない・・・煮詰める必要も凍らせる必要もありません。笑

一回5g(スプーン1.2杯)目安なのですが、150g入っているので30回、夜お味噌汁に入れるなら一か月使えますね^^

「かき氷を作るのが手間だな」と感じるあなたはまずはここから始めるのもアリですね。

 

あとえのき氷そのものも売っています^^

JA中野市が売っている正規品なので、有効成分がバッチリ出ていることは間違いないですよ。

5袋入り

 

10袋入り(一番人気!)


スポンサードリンク

えのき氷を作るためにミキサーを買ってもいいかも

ここまでえのき氷をミキサーなしで作る方法として

  1. すり鉢を使う
  2. フードプロセッサーやブレンダーを使う
  3. えのき粉末を使うかえのき氷を買う

と3つの方法をご紹介しましたが、正直どれもパッとしないと感じたかもしれませんね。

 

そんなあなたはこの機会にミキサーを買ってしまっても良いかもしれません^^;

楽天で3,000円くらいから購入できますよ。

 

こちらのミキサーは、コンパクトで安くて、レビューも高評価でおすすめです。

 

ダイエット用サプリを買うことを考えたら、えのき氷をずっと作れますスムージーなんかも楽しめるのでアリかなと思います^^

「えのき」ではなく「えのき氷」が良い理由

ところで「えのき」ではなく「えのき氷」が良い理由、気になりますよね。

えのき氷は、えのきだけをミキサー(もしくは今回ご紹介した方法)で細かく刻んでペースト状にして、鍋で煮詰めた後に凍らせます。

(作り方はこの後ご紹介しています^^)

 

まずえのきをミキサーで細かく刻んでペースト状にする理由は、えのきの細胞壁を壊してエノキの細胞の中の良い成分を身体に取り入れやすくするためです。

 

煮詰める理由は、ふつふつと長時間加熱することでお湯の中にたっぷりと有効成分が溶けだすからです。

凍らせてまるごといただくので、お湯に溶けた成分を全部取り入れられるのが嬉しいですよね。

 

さらに凍らせることで、水分が膨張するので壊れずに残っていたえのきの細胞壁が壊れ、有効成分がさらに外に出ます。

 

「ミキサーで刻む」「お湯で加熱する」「凍らせる」の3点セットで、キノコキトサン、β―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などの有効成分をばっちり取り入れられるというわけです。

だから「えのき」ではなくて「えのき氷」が内臓脂肪燃焼やダイエットに効果的なんです♪


スポンサードリンク

えのき氷の作り方

材料

えのき氷の材料
  • えのきだけ 300g(大きめの袋2パック・普通の袋3パック程度)
  • 水 400cc

 作り方

①石突を切り落として1/3位にカットする

エノキの石づき部分を切り落として、ミキサーにかけやすいように1/3ぐらいにカットします。

②軽く日光にあてる

必須ではありませんが、軽く日光に当てるとビタミンD2が増えます。私は窓辺で30分くらい日光に当てるようにしてますよ。

③えのきと水をミキサーもしくはこの記事でご紹介した方法でペースト状にする

細かくすり潰してペースト状にします

④鍋にかけ沸騰させ、煮立ったら弱火にしてかき混ぜながら1時間煮詰める

有効成分を引き出すために弱火で1時間トロトロ煮詰めます。

圧力なべだと火は通りますが短時間では有効成分は出てきません。ちょっと面倒でも鍋で煮詰めてくださいね。

焦げないように時々かき混ぜてください。

⑤製氷皿に入れて凍らせる

60分たって煮詰まったら火からおろし、粗熱がとれたら製氷皿で凍らせます。

量は2/3くらいになっているはずです。

最長2ヶ月保存できます

個人的には3週間ほどで風味が落ちてきたかも?と感じるので、3週間ほどで食べきれる量を作るのがオススメです。


スポンサードリンク

えのき氷ミキサーなしの作り方|刻むだけじゃ効果なしです!まとめ

えのき氷をミキサーなしで作る方法はこちらです

①すり鉢ですりつぶす

②フードプロセッサーやブレンダーを使う

また、食事や飲み物に直接入れられるえのき粉末や、えのき氷を買うのも良いですね^^

 

「えのき氷」は毎日無理なく気軽に食べられて、内臓脂肪燃焼の効果・ダイエット効果が期待できる優れもの!

なんと10キロ痩せたという口コミもあるんですよ。テレビなどメディアでも今とても話題です。

この機会にえのき氷をぜひ試してみてくださいね。


スポンサードリンク

あわせて読みたい

えのき氷の効果的な作り方・食べ方はコチラ^^

えのき氷の効果は内臓脂肪燃焼・ダイエット!作り方と食べ方は?【完全版】

 

料理の幅が広がり、しかもおしゃれなブルーノのブレンダーをレビューしました^^

ブルーノブレンダーの口コミ!離乳食やみじん切りに実際に使ってみた!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です